kuro

1 minute read

Djangoのチュートリアルを進めている時に触れたので備忘録として。

systemctlコマンド

sudo systemctl start (サービス名)

firewalldの開始

sudo systemctl start firewalld

firewalldの有効化

sudo systemctl enable firewalld

firewalldの停止

sudo systemctl stop firewalld

firewalldの無効化

sudo systemctl disable firewalld

firewalldはiptablesに代わって登場した netfilter を管理するインターフェース
参考URL: http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1602/18/news019.html

これでファイアウォールを通過できるサービスの許可を追加できる

firewalld --add-service=http --zone=public

–remove-serviceで削除
–query-serviceで状態を問い合わせ(確認)
–get-servicesでサービスを一覧表示

comments powered by Disqus